S&P500連動の東証ETF【1557】【1655】【2563】の比較

S&P500

こんにちは、クマです。

S&P500に連動するETFとしては、【SPY】【IVV】【VOO】【SPLG】が知られていますが、このうち【SPY】と【IVV】は東京証券取引所にも上場しています。

   【SPY】→【1557】 【IVV】→【1655】【2563】

今回は、この東証ETFの【1557】【1655】【2563】を取り上げたいと思います。

なお、【SPY】【IVV】【VOO】【SPLG】についてはこちらをどうぞ。

 

【1557】【1655】【2563】の比較

証券コード155716552563
名称SPDR S&P 500 ETFiシェアーズ・コア S&P 500 ETFiシェアーズ・コア S&P 500 ETF(為替ヘッジあり)
上場日2011年3月24日2017年9月27日2020年6月18日
管理会社ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズブラックロック・ジャパンブラックロック・ジャパン
単元口数111
純資産総額(百万円)39,582.98328,937 (21/06/18)26,407.51 (21/06/18)
現在値45,450.03,270.002,698.00
年初来高値46,950.0(21/06/15)3,370.0(21/06/15)2,773.0(21/06/15)
年初来安値37,850.0(21/01/06)2,724.0(21/01/06)2,386.0(21/02/01)
出来高14,515290,486106,863
経費率0.0945%  
騰落率1ヶ月3.672.551.51
騰落率6ヶ月22.1821.9514.15
騰落率1年41.9841.91 
騰落率5年136.16  
設定来1,350.7574.6437.66
決算回数年4回年2回年2回
直近分配金1.277788 (21/03/19)※米ドル15(21/02/09)※円7 (21/02/09)※円
配当利回り0.99%0.93%0.25%
組み入れ銘柄個別銘柄iシェアーズ・コア S&P 500 ETF 99.93%iシェアーズ・コア S&P 500 ETF  98.77%
備考外国籍ETFであるため、外国証券取引口座の開設が必要  

【2563】は【1655】の為替ヘッジあり版なので、まず【1557】と【1655】を比べてみたいと思います。

  • 単元口数は、いずれも1口です。
  • 現在値は、【1557】の方が【1655】より10倍以上高くなっています。【1655】の方が買いやすいでしょう。
  • そのためか、出来高は【1655】の方が多く、流動性が【1557】よりも高いと言えます。
  • 経費率を見ると、【1557】は0.0945%となっています。
  • 一方の【1655】の経費率については、2020年6月18日から2022年6月21日までの期間は年0.0825%程度の報酬が適用され、2022年6月22日以降は年0.165%程度の報酬が適用されるとのことです。現在のところ、【1557】よりはコストが低いですが、そのうち高くなるということです。これは、【1655】が「ファンド・オブ・ファンズ」であることが理由であると思います。【1655】の組み入れ銘柄を見ると、ほぼiシェアーズ・コア S&P 500 ETFとなっています。つまり、実質的に投資信託を二重に購入するという形となり、そのため、信託報酬が一般の投資信託よりやや割高になるからでしょう。
  • 一方、【1557】は個別銘柄を組み入れています。
アップル5.462%
マイクロソフト5.233%
アマゾン3.834%
フェイスブック2.205%
アルファベット1.970%
  • 騰落率は、設定来を見ると【1557】は圧倒的なパフォーマンスを見せていますが、その後は両者ともそれほど変わりないように見えます。ただし【1557】の方がややパフォーマンスは高いと言えるでしょう。
  • 配当利回りは、【1557】の方がやや高いですが、あまり変わりありません。

 

【1557】か【1655】か

  • 配当利回り、年4回の配当に注目すれば、【1557】でしょう。
  • しかし、買いやすさ、流動性の高さに注目すれば、【1655】の方が良いでしょう。しかし、経費率が将来高くなるので、その点は納得しなければなりません。
  • なお、【1655】と【2563】を比べると、【2563】は為替ヘッジありのため、当然ヘッジコストがかかりますから、騰落率、配当利回りは低くなっています。円高に備えたいというのであればヘッジありの【2563】が良いでしょう。その場合は、円安による為替差益を享受しにくいことに注意が必要です。

 本ブログは、投資一般に関する情報の提供を目的としたものです。ここで提供している情報の内容に関してはその内容を保証するものではありませんので、ご自分で確認をしてください。万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、本ブログは一切責任を負いません。最終的な投資の意志決定は、ご自身の判断でなさるようお願いいたします。

 

タイトルとURLをコピーしました